毛皮の人気が高い理由とは何か

毛皮の歴史を振り返ってみる!

最近毛皮ブームが再来しています。そこで毛皮の歴史を一度振り返ってみましょう。
毛皮とは古くは狩猟民族から防寒具として利用されてきました。しかし日本はその比較的温暖な気候から利用されることが少ないまま、海外の服装を取り得れたことで毛皮が流行りました。その後、毛皮業界が動物をひどく扱っていることが発覚し、さらに動物を必要以上に殺傷することにつながるのではないかと大きな議論を生み、一度ブームが落ち着くこととなりました。そして近年、毛皮業界が飼育環境を改善したこと、新しい先進国の中の富裕層による需要の拡大、さらには若いデザイナーが毛皮を利用するといった要因があり、再び毛皮の商品が人気を得るようになりました。

毛皮の人気の理由とは?

毛皮の人気の理由としては大きく3つ考えられます。
1つ目は狩猟民族時代から、毛皮を着ることが1つのステイタスであったことです。その文化が今でも根付いており、毛皮を着ることが地位の高さを表したり、裕福の象徴するものであるからです。2つ目は毛皮の商品の機能性が高いことです。化学が発達した現在ではポリエステルなど化合物が開発されていますが、それよりも防寒具として、また丈夫なものとして、毛皮の機能性が優れているからです。そして3つ目は一度目の毛皮ブームよりも毛皮に使用される動物が増えているということです。動物が増えたことで、毛皮の種類が増え、毛皮の商品が身近なものへと変化しました。以上の理由で、毛皮には人気があるのです。